スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸教室(全3回の1回目)

去年の3月まで一緒にお仕事されていた方が陶芸教室を開催すると聞いて、同僚と申込みしてみました。
白い湯飲みとお菓子をのせる小皿を作成するのが課題です。

はっきり言ってゆみちん、手先が不器用です。
小学校の図画工作や中学校の美術、技術家庭科の技術と裁縫、お世辞にも良い点とは言えませんでしたけど・・・大丈夫かな。
楽しみ半分、不安半分で参加してみると。

あれま、楽しい!

冷たい粘土に体重をかけて練って滑らかにして(初めてで下手くそだったので、先生が練り直してくれた)、のし棒で平らに伸ばして型紙から切り出して組み立てて、絵をつけて。


最終調整。
(途中は手が粘土だらけなので撮影不能でした)


表面のざらつきとか、凸凹感とか、手作り感満載!


のし棒で伸ばしていたらガーゼからはみ出してしまって、構わず続けていたら粘土にガーゼの境界線がしっかり入ってました( ̄△ ̄;
模様をつけたら隙間が空いたので、ゆみちんの名前をもじって「おいし~」のスラング英語「YUMMY(ヤミー)」を刻印。


こちらもセットの感じが出るように、同じ模様をつけて、「YUMMY」を刻印。
お菓子と湯飲みを一緒に乗せられるように、横長にしてみました。

さて、同僚たちの作品はどうかな?


Kちゃんの湯飲み。
父の日にお父さんにプレゼントするそうです。
内側には「おつかれさま」の文字が書かれています。
こんなの見たら、お父さん疲れなんかふっとんじゃうんじゃない?(^ー^


Kちゃんのお菓子のお皿。
す、すごい!!
縁が波打ってるよ!!
お菓子だけでなく、煮物とかおひたしとか、のせてみたい!!


Iさんの湯飲み。
今日は旦那様から「手にしっくりくる湯飲みが欲しい」とリクエストをいただき、やる気マンマンです。
・・・が、型紙から切り抜く時にずれた?とかで、筒状にくっつけたら高さが合わなかったそうです。
勿論切り揃える事もできるんですけど、こういうのが手作りの醍醐味なんですよ!と、そのままにしておくとの事でした。


湯飲みの底には、小鳥が一羽。


Iさんのお菓子のお皿。
お菓子だけでなく、ティースプーンを置くスペースを確保したそうです。
ラウンドのフォルムが優しいね。
お皿の中央には、こちらも小鳥。
しかも葉っぱをくわえてるんですよv

みんな初めて挑戦したわりには失敗も少なく、いい感じに仕上がっています。
次回は5月6日、彩色と釉かけです!
水野先生、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

水野先生のブログはこちら→水野育美 ものつくり日記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!なかなかではないですか!
ホントに上手いし、味もあるよ。
私のじいちゃんが陶芸やってて自宅に窯持っていました。
私も子供の頃、遊びでやらせてもらったことあります。
写真に写ってるの、ゆみちん!?
美人さんでちょっとビビった(。-∀-)ィヒ

粘土をのし棒で平らに伸ばして型で抜くだけなのに、難しいですね、芸術は。
最初はしっとりしていた粘土が手の平の熱で次第に乾いていくのがわかるんですよ。
もたもたしてられない!
>モデルが美人
うふふ。
美人だなんて、ありがとう。
…なんちゃって!
残念ながらモデルは後輩のKちゃんです。
私が写真を撮ってるんだから、私が写るわけないですよぉ。
プロフィール

ゆみちん

Author:ゆみちん
エコが好き。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。