スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「油キレイ」を試してみました

昔むかし給食で好きだったメニューを生協で発見。


大豆の甘辛揚げ、と言うらしい。
給食風にちりめんじゃことごまを入れました。

作り方は意外と簡単で、大豆に片栗粉をまぶして油で揚げたものを、醤油と砂糖を1対1で混ぜた甘辛いタレと和えるだけ。
ゆみちんは生協の大豆の缶詰を使ったので20分くらいでできました。

揚げ物は油の処理がありますね。
ゆみちん、フェリシモで便利なものを見つけました。


油キレイ」です。


マルチにいろいろ使えるらしい。

さっそく油の処理に使ってみましょう。


まずは油の中のかすを除きます。
片栗粉だから大きいのは取り除けても、細かいのが残っちゃうけど。


油100mlに対して、キャップ半分だそうです。


真ん中に線がついてますね。
油は100mlあるのかなー。
わからないけど、半分入れてみよう。

入れた直後は何も起こらない・・・よーく混ぜます。
・・・やはり何も起こらない・・・。

熱い油には水を、冷めた油にはお湯を、油の3倍以上入れます。
さらに混ぜる!

と。
あらら。


まるでドレッシングのようになりました。
これが乳化か~。

さっそく洗ってみましょう。


洗うのは、大豆とタレを和えるのに使ったボウル。
油でぎとぎと~。

フライパンの中の洗剤にスポンジをジャボンとつけて、ボウルを軽くゴシゴシ。
おぉ、泡がたつのね。
中と外をゴシゴシし終わったら、水で流して。

・・・おぉ!?


ピッカピカですよ!!
本当に洗剤なんだと、妙に感心してしまった・・・。

ついでなので、網と木べらと、洗剤が入っているフライパンもざぶざぶ洗いました。
網はボウルと同じく、ピッカピカです。
木べらとフライパンは油が少し残ってしまったので、もう一度ミズットをつけて洗いました。
これでもう油汚れなしです。

ゆみちんが住んでいる自治体では、使用済み油の回収を行なってくれています。
・・・が、スーパーで回収しているという事はわかっても、スーパーのどこに行けば回収してくれるのかがイマイチわからず、今までは固めるテンプルしてから燃えるごみでした。
(持って行ったのにお持ち帰りは困るもの)

少量の油は洗剤にして、洗い物に使ってしまおっと。
大量の油を洗剤にした場合は、空き容器にうつして保存も可能だそうですよ。

おまけ。


やどかりのようだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみちん

Author:ゆみちん
エコが好き。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。