スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小五郎2歳のお誕生日記念旅行(1日目)

9/7(日)で2歳になった小五郎を連れて、旅行に行ってきました。

最初の予定では10日(水)の8時頃出発するつもりだったのですが、9時出発と1時間遅れ。
まぁ、先を急ぐわけでもないし、のんびり旧国道1号線で沼津へ。
小五郎はいつも車の中では野放しなのですが、今回は後席に固定されたクレートに入っていただきました。
最初は「何だコラー早く出せー!」みたいにわんこら吠えていたのですがだんだん悲痛な叫びになってきて、最後はキューキュー鳴いてました。そんな声出るのね。
でも小五郎の安全の為に我慢我慢。

10時に最初の休憩地点、沼津の牛臥山公園に到着です。
比較的新しい公園で、トイレもきれいです。
駐車場の脇に水飲み場があったので、小五郎、給水です。
ちょっと散策。


駐車場は道路から管理棟の横を通り抜けて、海に面して東西に1面ずつあります。


正面には淡島。


手すりのすぐ先は海です。
沼津御用邸公園が見えます(いや、正直どこからどこまでが沼津御用邸公園なのか・・・)。
日差しは強いものの、海をわたってきた風はひんやりしていて気持ちいい。


これが海かぁ。
小五郎、海を初めて見ました。
結構風が強くて、時々波しぶきがかかります。


まだまだ公園は海沿いに続いているのですが、日差しが強くてアスファルトが熱いので、先まで行くのはやめました。


マジ熱うぃっしゅ。
出発前にもう1度給水して。


車のエアコンが効いてくるまで、芝生の上を走り回っています。

ぼちぼち人が増えてきた10時15分頃、牛臥山公園を出発です。
海沿いに南下して、修善寺道路を通り、伊豆ドッグランドへ。
ナビに登録はないので、すぐ近くらしい「しいたけの里」を登録して向かいました。
途中までは順調に追えていたのですが、ちゃんと道順を控えていなかったので最後の「十字路を左」というところでわからなくなり、直進してしいたけ栽培の林に迷い込み、何度も切り返して脱出して逆戻り。
右だったかな?とずんずん走り、ケアセンターに出た所で間違いに気付き逆戻り。
つーちんは「最近行った人いるのかな?つぶれちゃったとか?」といぶかしがるので「あめっちーさんちが行ってるよ。MTB乗るくらい大きい車でも行けたから、そこそこ広い道だと思う」と言っているうちに・・・ありました。しいたけの里の手前、左に曲がる道がっ!
どんどん進んで行ったらやたら広い個人宅に入ってしまったようです。
水撒きしているおっちゃんがいたので慌ててバックして門まで戻ると、まぎれもなくそこは「伊豆ドッグランド」。
よく見ると「第1駐車場」という小さい看板があったので、11時半頃、遠慮がちにすみっこに駐車。
受付をしようと玄関のようなところへ向かうと、水撒きしていたおっちゃんが「そこは霊園です~。ドッグランの受付はこちらへどうぞ~」とテラスへ案内してくれました。
テラスから受付に入って、ドッグランの説明を受けました。
テラス前に大型犬用・小型犬用・全犬種用と3つの全面芝生のドッグランがあり、駐車場わきの林間コース(1周700mくらい、所要時間は20分程度との事)にドッグランが3つ。
1回チケットを購入したら、1日何時間いてもOKだそうです。
まずは全面芝生のドッグランへ。
他にお客さんがいないので、全犬種用ドッグランを貸切状態です。


真正面です。
このドッグランは山の上にあるので、昼間と朝晩の気温差が結構あるのでしょうね。
もみじが鮮やかに色づいています。


ホームページで見るよりもずっと広い感じがします。
芝生は綺麗に刈り込まれていて、小五郎も気持ちよく走っています。


小五郎がランを満喫している間、つーちんは木陰のベンチで惰眠を貪っています。
時折どうどうと音をたてて強い風が吹き、けやきの枝を大きく揺さぶっていました。
ゆみちんは宮澤賢治の「風の又三郎」を思い出して「どっどど どどうど どどうど どどう」と口ずさんでいました。
30分程で同報無線から「恋は水色」が流れてきてつーちんが目を覚ましたので、林間コースへ向かってみました。


まずは九十九折の急な階段を下ります。
小五郎がはりきって先頭を進みます。
下りきったら今度は急な上り坂。
滑りやすいので気をつけましょう。
坂を上りきると第一ドッグラン。
先が気になるので第一ドッグランには寄らず、坂を少し下った第二ドッグランへ。


原生林を切り開いたドッグランなので、切り株がぼこぼこしてます。
人間は足元に注意しないと、蹴つまづいてごろごろと転がり落ちてしまいますよ。
小五郎は4足駆動なので、急斜面を登ったり降りたりして楽しんでいます。

第二ドッグランを出ると急な下り坂が続きます。
下り坂が左右に分かれて、左に行くと第三ドッグラン、右に行くと駐車場(ゴール)です。
てっきり第三ドッグランに行くのかと思いきや、小五郎、くるりと右へ。
どうやらお疲れのようです。


駐車場(ゴール)までの道のりは遠く険しかった!!
平坦な場所などどこにもなく、ひたすら九十九折になって続く急な上り坂。
階段は作ってあるけれど、体が重くて思うように上れません。
息があがってしまい、「待って」の声もかけられませんでした(^_^;あぁ、運動不足。

急斜面を登りきるとテラスからちょうど反対側になる、建物の裏手に出ます。
右に行けば良かったのかもしれませんが、左に行ってしまったので、霊園の中を通る事になってしまいました。
霊園は10組~20組ほどの利用者がいるようで、洋風の墓石に思い思いの言葉をつむいでありました。
墓石周辺にはきれいな花が咲きほこっていて、とても手入れが行き届いた清潔な感じを受けました。

霊園を抜けると、小型犬用ドッグランに出ます。
第二ドッグランでちょっと遊んだので、所要時間は40分くらい。
小型犬用ドッグランをショートカットして全犬種用ドッグランに戻り、小五郎、再びランを満喫。


待てだからねー。
このごろ50mくらい離れても待っていられるようになってきました。


来い!


いゃっほーぃ。


きゃっほーぃ。


走るのはいいんだけど、暑いんだよねー。
水をボウルに2杯も飲んでしまい、この後ちっこしまくりの小五郎でした。

13時半頃伊豆ドッグランドを後にして、本日のお宿「伊豆高原わんわんパラダイスホテル」へ向かいました。
冷川(ひえかわ)ICから伊豆スカイラインにのって、終点の天城高原ICでおります。
冷川ICで料金所のおじさんに「どこまで行きますか?」と聞かれ、つーちんが「天城高原IC」と答えようとした時。
おじさん、遮るように「どこって目的地を行ってくれれば、どこで降りるか言ってあげるから」と言われ、つーちん、絶句。
「えーと」と答えに窮しているので、ゆみちんは小銭を用意しながら「大室山!」と叫びました。
おじさんは「大室山でしたら天城高原ICです」とニッコリしながら「天城高原IC行き出口券」のついた領収証を手渡してくれました。
つーちんは天城高原ICで降りるまで「何故目的地を言わなければいけないのか」と不満たらたらでした。
ゆみちんが領収証の裏面を見たら、「伊豆高原のお店割引券」になっていたので、おそらく降りるIC周辺のスポンサーがついていて、ICごとに印刷されている内容が違うのではないかと。
何故出口ではなく入口でお金を払うかというと、伊豆スカイラインの途中にあちこち出口(というか施設みたいなもの。ゴルフ場とかペンションとか市営の温泉?とか)があるからではないかと。
まぁ、予測なんですけど・・・誰か正解を教えて・・・。

山道だったわりにスムーズに進み、15時チェックイン予定のところ、14時半に到着してしまいました。
チェックインできなければ荷物だけでも預かってもらおうと思って、「少し早いですけど、チェックインできますか?」と聞いたところ「もうお部屋の準備は整っておりますからどうぞ」と快くOKしていただけました。

お部屋は661、フロントから売店前を通り抜けてすぐのお部屋です。
デラックスルームという名前のわりには壁紙がところどころ剥がれていたり部屋が狭いなーという印象を受けましたが、犬が宿泊しているとは思えないほど掃除がきちんと行き届いていて、毛が抜けやすい小五郎を部屋に入れるのをためらうほどでした。
お部屋にはペットシーツや食事・水のボウル、消臭スプレーが常備されていて、手持ちのグッズを使わずに済みました。
部屋だけでなく、廊下のいたるところにグッズ・排泄物用ごみ箱が設置されていて、出入り口には犬の手足を洗うシャワー(温水も出る!)と、足拭き用タオルがこれでもか!と用意してありました。

つーちんがテレビを見ながら昼寝を始めたので、小五郎と一緒にプールへ行ってみました。


小五郎がプールに来た時はチョコタンのダックスちゃんが遊び終わったところのようで、パパさんからバスタオルで全身拭いてもらい「もう飛び込むなよ!」と言われているところでした。
ダックスちゃんはしっぽをふりふり小五郎に近づいて来てくれて、ちょっとドキドキしながら見ていたら、2匹でちゃんとごあいさつできました!(^。^ホッ

さて、小五郎ですが・・・温水プールにある「茶々エリア」(足の短いおともだち用)でもフリーズ。
泳ぐなんて無理だし~っ!と、出て行ってしまいました。
ライフジャケットの貸し出しがあるようでしたが、どうやらプールではなくフロントで依頼するもよう・・・って、気付くの遅いって。
仕方ないので、小五郎を抱えて水が張ってある青いプールにじゃぼんとつけて、泳がせるふりをしました。
小五郎、すごい必死の形相で、手足ばちゃばちゃ!!
小五郎は脇の下を抱えられているので胸から下しか水に浸かってないのですが、着地してからぶるぶる~っ!
いっちょまえに泳いだような素振りを見せてました。
合計で2回、手足ばちゃばちゃの泳がせるふりをしまして、体を拭こうとしたら・・・プール脇にバスタオルが設置されている事に気付きました。
そういえばダックスちゃんもバスタオルで拭かれていて「ここのおうちはダックスにバスタオルを持参したのかぁ」と思っていたのですが、どうやら違ったらしい・・・。
持参したタオルは使わず、ありがたくバスタオルを使わせていただきました・・・って、小五郎、半分しか濡れてませんから(^_^;


プールから相模湾が見えました。
ちょっとガスっぽくて、空と海の境があいまいです。


眼下にはドッグラン。
あっちも早く行きたい~。

16時半頃部屋に戻って、つーちんも小五郎もお昼寝。
眠いオーラに圧倒されて、ゆみちんも30分くらいうとうと。


ホントはね、犬はベッドに乗っちゃいけないんです。
たぶんふかふかしてる所をトイレと勘違いする子がいるから。
小五郎は布団の上では絶対しないので(ふかふかした所は寝床らしい)、念の為にマットを敷いておいたら、やっぱり乗ってきました・・・。
小五郎の寝床はクレートを持って来たのになぁ。

18時から夕食です。
中が迷路みたいに複雑な伊豆高原わんわんパラダイスホテル、5階に下りて連絡通路を抜けてエレベータで8階まで上ると本日のディナーの「花鳥(はなとり)」に辿り着きます。
花鳥はわんこ同席可です。グルメコースを選択していたゆみちん、小五郎がわんこら吠えてゆっくりできないと困るので、小五郎は愛犬サロンに預かってもらいました。
フラットコーテッドレトリバーの小町ちゃんがスタッフさんに寄り添っていて、小五郎も最初は警戒したようです。
優しいスタッフさんが小五郎のリードを引いてくれて、小町ちゃんとごあいさつ。
ここでお別れしました。

花鳥は考えていたよりもずっとシックで上品な感じの和食レストランで、やはり小五郎を預けてきて正解だと思ってました。
お料理は・・・お品書きをもらってきたので、また後ほど。
19時半に食事を終えて愛犬サロンをこっそり覗くと。
スタッフさんを中心に、向こう側に小町ちゃんがバタンと横倒しで寝ていて、手前側に小五郎がシュワッチの格好で寝ています。
何か気配がしたのか、小五郎がくわっと目を見開き、ギョロギョロと辺りを見回した時に目が合い、お迎えです。
スタッフさんに様子を聞くと「全く動きませんでした」ですって。
どうやら疲れてずっと寝ていたらしい(^_^:

つーちんはお部屋に戻ってテレビを見ながらうたたねすると言うので、ゆみちんだけ小五郎と一緒に夜のドッグランを満喫しに行きました。


小型犬用ドッグランでくんくんする小五郎。


走る小五郎。

足元は砂利で痛くないかな?と思ったら。


こんな感じ。
砂利は表面だけで、中は海の砂です。
サラサラで、小五郎は砂を巻き上げながら暴走してました。

涼しい夜風が吹く中で貸切のドッグランを満喫したかったのですが、おなかいっぱい夕食を食べたゆみちん、食べすぎで気持ち悪くなってしまい(^_^;30分程度で部屋に戻りました。

あとはお部屋でまったり。
つーちんとゆみちんは入れ替わりで大浴場に行って、24時頃おやすみなさーい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみちん

Author:ゆみちん
エコが好き。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。