スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸教室(全3回の3回目)

本日、全3回のうち3回目の陶芸教室です。
本焼きが終わった作品で、先生手作りのお菓子と今年の新茶でお茶会を開催してきました。

本焼きが終わった作品と、ごたいめ~ん!


つやつや、ぴかぴかです!!
本焼きまで済ませたら、最初に型紙から抜いた時よりもひとまわりくらい小さくなりました。
左側にあるKちゃんのお皿がすごく小さくなっていてびっくり!
最初は大鉢作ってんの!?って思ったのに、かなりかわいらしいお皿になりました。
先生のサンプルも2セットあるので、いろんなタイプがあるように見えますね(^ー^


ゆみちんの作品。
刻印はもっと強く押さないと駄目だなぁ。
赤(小豆色)の釉薬ももっと残しておけばよかった。
あと、赤(小豆色)が思ったよりも黒ずんだ感じで不思議に思っていたら、本焼きの釜の温度が低いと黒っぽく、温度が高いと鮮やかになるのだそうです。
同じ釉薬なのに、不思議!

本焼きの釜から出しただけだと、先に釜に入っていたものの土や釉薬が裏面についてしまっていて、すごくざらざらしています。
うっかりテーブルの上で引き寄せようものなら、テーブル傷だらけ!
そんな事がないように、砥石とやすりを使って裏面を滑らかに整えます。


砥石は裏面に沿わせて、円を描いてくるくる~。
これだけでも結構滑らかなんですけど、この後やすりの上に置いて、円を描いてくるくるすると、ホントにつるつるになります!


このセット、地味だけどかなり重要!
砥石は黒いので、くるくるした後は黒い粉が出ます。
黒い粉は歯ブラシを使って丁寧に取り除きます。
お皿は裏面が少し反っていたので、砥石を手で持って、先端でくるくるしました。
裏面が滑らかになったら、裏面に食器用シリコンを平筆で塗ります。
そのまま使ってもいいけど、使っているうちに汚れを吸って取れなくなったり、カビが生えたりするんですって!
食器用シリコンは水を吸わないようにして汚れとカビを防ぐ役割です。
塗り残しがないように丁寧に塗って、乾いたらもう一度丁寧に塗ります。
どういうわけか湯飲みやお皿に透明な釉薬がかからなかった場所が一部あり、そこにも食器用シリコンを塗りました。

食器用シリコンは2日間乾燥させる必要があります。
今日のお茶会は水で濡らさないように気をつけなくちゃね。
湯飲みの中だけ気をつけながら洗って。

なんと先生が本格的にテーブルクロスとランチョンマットを用意してくださっていました(@_@


新茶なので、湯飲みにお湯を注いで60度くらいまで冷まします。
よし、お湯は漏れてこないな(笑)。


昨日先生がテレビを見ながら作ってくださったという、紫陽花をイメージした白あんのお菓子。
お菓子の下には紫陽花の葉っぱも添えて。
紫色は紫芋パウダーを混ぜて作ってあるそうです。
テレビを見ながら・・・なんて、ながらで素敵なおやつを作れるなんて、すごい・・・。


さぁ、お茶が入りましたよ!
いただきまぁすv

お茶もお菓子もおいしかったけど、湯飲みは持った時に手におさまっていい大きさだったし、口当たりも滑らかだったし、お皿に湯飲みとお菓子の両方を乗せる事もできたし、初めてなのに(先生のおかげで)いいものが出来上がって、大満足ですvvv

次回は6月10日(土)に陶芸教室第2弾です。
IさんとKちゃんは今回と同じく、型紙から切り出して組み立てるそうです。
どうやら夫婦湯飲み?を目指しているらしい。
ゆみちんは今日見せてもらった「手ろくろ」に興味があったので、「手ろくろ」でカフェオレボウルにもなるお茶碗を作りたいなぁ、と思っています。
電動ろくろも見せてもらったけど・・・。
・・・あれは無理だ・・・(-”-;

水野先生、ありがとうございました!
2週間後が楽しみですv

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみにしてました。
いい出来ですね。
見た感じ、売ってるのと全然変わらないよ~。
あたしはお茶碗を作りたいな。
毎日食べるご飯が、おいちく感じそうだから。
近所に陶芸のお教室がなくて
その機会はないけど。( ̄∇ ̄;)
ゆみさん、次はカフェボール作るって
つ~ちんさんのは、どうした?(笑)

|д゚)おじゃましまつ・・・
え?ゆみちんさんて陶芸もやっていたの?
すごーい!!
名前入りのお湯のみとお皿(プレート?)いいなあ。
>電動ろくろも見せてもらったけど・・・。
>・・・あれは無理だ・・・(-”-;
え?なんで?
何か違うんですか?

むぎままさん、こんにちは。
>売ってるのと変わらない
ありがとうございます!
そうそう、釉薬のおかげで、遠くから見れば売り物にもなれるかと(笑)。
近くで見たら、四角は四角くないし、湯飲みを裏返すと底が丸くないし(上から見てもピンとこないのに)。
>お茶碗
でしょでしょ~(笑)。
絶対ごはんがおいちくなるよっ。
同じ白御影土で、シリ~ズものになるように作る予定です☆
>つ~ちんさんの
ギクッ( ̄▽ ̄;
KちゃんとIちゃんが第1弾と同じ板づくり(型紙から抜く方法)で「夫婦湯飲み」を作るって宣言した時に「私は手ろくろで自分のお茶碗を作る」って宣言して、直後に「えっ、自分の作るの私だけ!?」って聞いたもん(笑)。
きっと私なんかが作るより、自分で好きなのを作ってもらった方が気に入ったものができるんじゃないですかね(言い訳1)。
あと、私のお茶碗は6年くらい前につーちんが洗い物してて割れちゃったんですよ。
以来ずっとお客様用のお茶碗を使っている私。
だから自分のお茶碗が欲しいのです(言い訳2)。

すーこさん、こんにちは。
>陶芸
やってなかったです(笑)。
去年の3月まで一緒に仕事していた契約社員さんが高校の美術の教員免許を持っていて、陶芸もやってたんです。
今回はおためしだったので、超~格安で教えてもらえちゃいました。
第2弾はもう少し費用負担しますからと伝えて、今回と同じ教室代+焼成代金になりました。
>電動ろくろ
>あれは無理だ
粘土に水をつけた手を当てて、伸ばしたり縮めたりするんですよ。体の前面が泥まみれになります。
指先の少しの動きで背の高いものがしゅーっとできたりするんですけど、そんな芸の細かい事できないわ・・・と思いました。
私は「手ろくろ」(小さい回転台みたいなもの)に長くした粘土を円にして上に重ねながら高くしていく方が失敗が少ないかと思って。

すごい。素敵な出来上がりだっ!
あたしもすごく陶芸とか興味あるんだけど、自分のモノづくりの時のセンスのなさも知っているので手を出せずにおりますw
これからどんどん作品が増えてゆくのね~。楽しみだ。
しかし、先生すごいな。
あんなしゅてきな和菓子まで作っちゃうのか。
おそるべし。

むぎゅずままさん、こんにちは。
>陶芸とか興味ある
是非やってみてください!
私も図画工作、美術、技術家庭科の調理実習以外はダメダメでしたけど、失敗しても何がどうという事はないし、結構楽しくできましたよ。
土をこねたり伸ばしたり、なんて、大人になってからやってないから、癒されるし。
多少の失敗はご愛嬌♪
>先生
元々は彫刻が専門なのだそうですが、料理好きだったので「自分で作った食器で食べたらおいしいだろうな」と思ったのが陶芸を始めたきっかけだそうです。
プロフィール

ゆみちん

Author:ゆみちん
エコが好き。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。