スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃のコンポート&桃のゼリー

仕事でお世話になっている山梨のお客様から、桃をたくさんいただきました。
本当は仕事のメンバー5人で分けるつもりだったけど、システムトラブルが重なって分ける事ができず。
仕方なくひとりで5人分お持ち帰りしました。

でもひとりで5個も食べられないし、何とか平日5人で分けられないかな?
そう考えて、桃のコンポートを作ってみました。


大きな桃が5個もあったから、大鍋いっぱいです!
種や皮と一緒に煮る事で、煮汁に桃の香りがよく出るそうな。
あと、赤い桃の皮を煮ると、煮汁に赤い色が出るんですって!
種は簡単に拾えるけど皮は拾いにくいので、お茶パックに詰めてみました。

んで、出来上がったのがこちら。


コンポート×2瓶&1個(手前右側)。
ゼリー5個(4個は冷蔵庫の中、1個は手前左側)。
ゼリーは最初から桃を入れると沈んでしまいそうなので、少し液を入れて固まりかけたら桃を入れて冷やして固めて、もう一度上から液を入れました。

これなら5人で分けられるもんね☆

スポンサーサイト

陶芸教室・第2弾 その2

陶芸教室・第2弾 その2です。


先生が素焼きに出してくれたので、オフホワイトになりました。


右端の一輪挿しは背面上部が剥がれてましたorz
今回は切り出したまんまの荒れた感じを生かす、というコンセプトなので、ヨシとしますか(^_^;

小鉢は足を付け忘れていてゴロゴロ転がっちゃう!と思っていたら。


先生が先に3つのかわいい足をつけてくださっていましたv
ゆみちん、やすりでゴリゴリこすって平らにするつもりでしたよ(^_^;


左側のカフェオレボウルにもなるお茶碗は、丼サイズだったのがひとまわり小さくなって、ちょっと大きめのお茶碗になりました!
ふふふ、計算どおり・・・( ̄ー ̄
高台の部分は先生が削り出してくださっていたので、ちゃんと指がひっかかります。

今日は彩色と釉かけ。

・・・写真なし。
撮り忘れちゃったorz

内容はその1の時と同じです・・・。

ただ、お茶碗の釉かけは難しかった・・・指の跡が残っちゃって。
たぶん透明な釉薬だから、本焼きすれば溶けて目立たなくなるとは思うけど・・・少し不安。

次回は9月15日(土)です。

陶芸教室第2弾・その2

陶芸教室第2弾・その2です。

前回途中になってしまった「カフェオレボウルにもなる茶碗」を完成させました。
先生が1ヶ月間、霧吹きで水をかけたり面倒を見てくださったので、まるでさっき練ったようなしっとり加減!
やはり1ヶ月も空けるのは良くないな・・・余計なお手間をかけさせてしまいました。
反省。

ひとり黙々と上に上にと茶碗の縁部分を伸ばして作っていたら、先生がすっ飛んできて「もうそれくらいでいいですっ!」・・・あやうく丼を作ってしまうところだった・・・(^_^;


あっ、側面から撮るの忘れた。
直径が16cmくらいあります(^_^;
本当に丼になってしまうかもしれない。

模様をつける作業も早く終わってしまったので、余っている粘土を使って小鉢と一輪挿しを作ってみました。


陶芸教室第1弾でKちゃんが作っていたみたいなやつになってしまった!
真ん中をへこませようとしたらガーゼごしに指で押してしまったらしく、縁が波打ってしまったのです・・・。


一輪挿しはフリーハンドの方がいい味出せますよ!と言われて、のし棒で平らに伸ばしてから側面だけカット。
上と下はあえてカットせず伸ばしたままの状態で、ガーゼを持ち上げてくるりと円柱状に丸めます。
底にあたる部分は下の粘土を手で中央に寄せて、机にトンントン打ち付けたり、鉛筆のお尻で上からトントン叩きます。
ゆみちん、かなり強く握り締めて机にトントン打ち付けたので、一輪挿しの中央部分がくびれて、底部分がぼってりとしたグラマーな感じになってしまいました。
今回は食器ではないので「YUMMY」の刻印はせず、花の刻印を正面に2箇所に。
一輪挿しだからシンプルにいきましょう。


今回の作品群。
お店屋さんが開けそうですよ(笑)。


Kちゃんの茶香炉。
左側は前回円柱に組み立てて花?を刻印しただけだった本体。
今回は棒の先端にU字型の金属がついている先生オリジナルグッズで本体に穴をぐりぐり空けていました。
U字の丸くなっている方が先端で、こんなので穴が空くのかなと思ったら・・・これが綺麗に空くのですね。
ちなみに普通の先端が尖っているだけの棒だと、穴の断面がボロボロになってしまうのだそうです。
右側は今回鍋土を混ぜて作った、お茶を載せる皿部分。
小さい金属のボウルに入れて型をとっています。


今日はKちゃんのお友達が2人来て、湯飲みとお皿を作っていました。
左側湯飲み手前から2つと、右側小皿手前から2つ。
刻印がなくて、つるんとした滑らかな感じです。
上手だなぁ~。


小皿も可愛らしい感じですv


Iさんは「お刺身を食べるときのしょうゆ皿にする」と言っています。
葉っぱの形の小皿。
手先が器用でうらやましい・・・。


右はIさんの湯飲みとセットになる小皿?ソーサー?
左はY課長の小皿。
Y課長は同じ小皿を今日だけで2枚作ったので、「よ~し、これで3枚できた!」と満足げでした。


前回勢いで作ったゆみちんのオーバルの小皿と、Iさんの湯飲み。
オフホワイトに乾燥してます。
今回は特に何かするわけではないので、このまま変化なし。

次回は彩色と釉かけです。

パープルクイーンの梅酒&梅ジュース

生協でパープルクイーンという生産数の少ない梅を1kgで売っていたので、梅酒&梅ジュース用に購入。


箱を開けてもないのに、まるでプラムのようなフルーティーないい香り!


嬉しい事にレシピ集つきでした(^ー^
どうせならおいしく使いたいものね。


水洗いして、ビニール袋に50個ずつ小分けして冷凍。
(冷凍した方がエキスが出やすいとか・・・野菜も冷凍すると早く煮えるもんね)
50個×2袋、62個×1袋になっちゃいました。
24時間以上冷凍しておいて、これを密閉できる大きな瓶に氷砂糖と交互に投入。
本当はまだネーブル酒が残っているので梅ジュースだけのつもりでしたが、4Lの瓶が見つからず2Lの瓶に入れたので、なんと入りきらない!
急遽102個で梅ジュース、60個で梅酒を作る事に。
梅酒はホワイトリカー900ccを最後に投入。

これを冷暗所に保管して、時々揺すります。
・・・えー。
今気付いたのですが、投入した時の写真がありません・・・。
梅ジュースはパープルクイーンと氷砂糖が2Lの瓶の肩口まで交互にはいっているだけなのでガラガラと音を立ててました。
梅酒は本来のレシピの2倍入っているので、ちゃぽちゃぽしててパープルクイーンが浮いてました。

あれから2週間。


梅ジュースはパープルクイーンのエキスが出て、浮いてます!
この紫の水分が全部パープルクイーンから出てきたなんて、すごい。


おかげでパープルクイーンはしわっしわです。


こちらは梅酒。
パープルクイーンが少なかったので、色は梅ジュースに比べて薄いです。
最初は浮いていたパープルクイーン、ゆみちんががっしょがっしょと揺すったので沈みました。

梅ジュースは7日程度で飲めるようになるそうです。
て事はもう飲めるんだわね。
梅酒は1ヶ月後から飲めるようですが、パープルクイーンを入れたまま3ヶ月程度おくと熟成しておいしくなるそうなので、夏まで置いておきます。

洋風にも


今日はバナナパンケーキとミルクたっぷりのコーヒーで。

プロフィール

ゆみちん

Author:ゆみちん
エコが好き。

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。